木村友久研究室 本文へジャンプ
知財教育と教材配信のページ

【日刊工業新聞への連載寄稿が完了しました】
 著作権法改正35条の施行、課題解決型学習の浸透、デジタル教材の登場・・・このような最近
のトレンドを受けて、大学教育現場でも著作権等を意識した取り組みが迫られています。今後の
リスクや利益相反の観点も含めて課題となりそうな話題を書き綴ってみました。
 日刊工業新聞紙面には隔週木曜日に掲載され、その数日後に同新聞社のwebサイト
「ニュースイッチ」に記事が転載されます。下記リンク先に、ニュースイッチの記事への
リンクを配置しています。
  →記事内容の閲覧はここをクリック
 

【知財創造教育の概念説明動画をアップしました】
 山口大学で実施してきた知財教育体系の概念を3分15秒で説明するビデオです。
 ビテオファイルの形式はH264、ファイルサイズは78メガバイト、一秒あたりの転送速度は約500キロバイトです。  →視聴はここをクリック 


【入門用の知財テキスト「これからの知財入門(第3版)」】
 ISBN 978−4−296−10630−1 
 大学の初年次教育用、企業の一般社員人材育成用の、知的財産の全体像を理解するテキストです。
内容は、本文とスライド画像、ワークシート、宿題シート、及び知財法の抄録です。授業時に使うワークシートと宿題シート部分はミシン目で切り離しができます。A4版154頁

 このテキストを大学の講義等で利用される場合、指導者の方にテキストに準拠する講義スライドや教材ビデオ、宿題の解答等をお渡しすることも可能です。

【知財教育授業改善活動(FD) 知財に関する職員研修(SD)について】
 山口大学では、平成27年7月30日に『教職員の組織的な研修等の共同利用拠点(知的財産教育)』の文部科学大臣認定を受けました。現在、大学・高専等の高等教育機関を対象に、知財教育の普遍化に向けたFD・SD等の活動を行っています。例えば、上記入門テキストの授業での使用方法FD、新しい授業方法と知財教育のFD、知財教育教材制作FD、あるいは大学広報部員が必要とする著作権法の実践知識SD等です。
 問い合わせ http://kenkyu.yamaguchi-u.ac.jp/chizai/

・メニューの「学外用公開教材」のページから,知的財産教育(方法を含む)ビデオの配信を開始しました
プロフィール 連絡先 帝京大学共通教育センター
2020年4月1日から、帝京大学共通教育センターで勤務しています。これまでの、知財教育普及だけでなく、八王子キャンパスの共通教育のお世話をすることになりました。2022年度から共通教育で「知的財産入門(2単位)を新規開講します。
研究分野
知的財産法、教育工学、産学連携、利益相反、情報教育、産業教育。
〒192-0395 東京都八王子市大塚359番地
 ソラティオスクエアー16階(S1612号室)

電話:042−678−3559(研究室直通)
電話:090−7391−4578(携帯電話)
大学公式アドレス kimlab@main.teikyo-u.ac.jp
個人アドレス kimlab01@gmail.com
連絡先 山口大学知的財産センター
電話090−7391−4578(携帯電話)
【ご案内】
 平成25年4月1日から、山口大学では体系的な知財教育を実施するために全学生必修化と接続科目を整備しています。
※開講科目情報(pdf)はここをクリック。